前山なおこの政策

                     

1.少子化対策の足がかりに!すべての女性が輝ける街

▶待機児童対策として、隠れ待機児童数を明確にし、保育士が長く働けるように労働環境の改善、保育園の質の向上を目指す。

杉並区は、令和4年4月で待機児童ゼロを5年連続で達成しています。平成28年度に「すぎなみ保育緊急事態宣言」を出し、待機児童ゼロを目指すため翌年度から新設園の建設を一気に進めました。その結果、園庭がない、ビルの一室といった園が増えています。

現在は、保育園を希望するご家庭が入園できているという状況から今後は、保育園の質に力を入れていくべきだと考えます。また、入園できなかったが待機児童の定義により待機児童とはならないいわゆる“隠れ待機児童”も多くみられます。隠れ待機児童数を明確にし、働きたいと思う方がキャリアを諦めない社会をつくっていきます。

保育サービスを利用する方が多くなっている一方で学童の待機児童問題も出ていています。学童の整備の喫緊の課題だと考えます。

▶ベビーシッターや一時保育、行政サービスをもっと活用できるように、サービスを探しやすくなるよう区のホームページの改善と登録方法を簡素化するよう提言していきます。

子育て応援券を使用したいと思ったときに、冊子もしくはホームページで検索した際に探しにくいと感じた方。ファミサポに登録したいが乳児を連れて荻窪のウェルファームまでいかなければならず、電車を乗り継いでいくことが難しくあきらめた方もいるのではないでしょうか。

検索しやすいホームページの改善と乳幼児に関する行政サービスを使用する際の手続きにおける簡素化(オンライン登録、近隣の事業所での登録など)で、利用しやすいサービスを目指します。

2.子どもたちが笑顔に! すくすく成長できる街

▶子どもたちが安心して過ごせるように、第三の居場所づくりを整備します。

杉並区では、児童館の廃止が決まり学童の機能を徐々に、小学校内へうつすことが決定しています。幼児期から学童期においての運動遊びは身体の発達だけではなく、感情のコントロールを活性化することが近年の研究で明らかにされています。

子どもたちにとって自宅と学校以外の第三の居場所は重要だと考えることから、放課後の居場所づくりや子どもたちが遊びやすい公園の整備を訴えていきます。


3.若者への発信を! 区政を身近に感じられる街

▶区政に関する情報発信の強化。

これからの日本を支える、10〜30代が政治に興味を持てるよう、積極的にSNSを中心とした情報公開をし、若者の投票率を上げる取り組みを行ってまいります。また、政治はわたしたちの生活と連動しているため生活の向上には政治が不可欠です。政治をあきらめない、自分たちの声が区政に反映されていると実感できるような区民中心の政治を目指します。